重要なお知らせエリアを非表示

鼈甲台秋草蒔絵櫛

¥ 8,800

日本の装身具、櫛です。

少し角ばった京型の鼈甲(べっこう)台に漆で蒔絵が施されています。ごく細かな梨地に尾花、萩、藤袴、女郎花のような秋草と蝶々が描かれています。

櫛(くし)、笄(こうがい)、簪(かんざし)などの髪飾りが普及するのは江戸中期の享保年間でありますが、この頃は飾り櫛を指さない女性はいないというくらいに一般的なものでした。現在の櫛は髪を梳かすものでありますが、昔は髪を梳かした後に髪に指しておくアクセサリー的な意味合いのほうが大きかったのです。現在の女性がピアスを付け替えるように、装いに合わせて、季節に合わせて、様々な意匠の櫛が作られたのも当然だと思います。私の祖母は大正生まれですが、さほど長くない髪を低い位置で小さな団子にまとめて、コーム状の櫛を常に指していました。鏡のないところでも髪のほつれを撫でつけてさっと髪に指しておく一連の行為はなんとも女性的で、子供心にも印象的でした。すでに失われた美しい日本女性の仕草だなと思います。

サイズ  W 8.2cm 
     H 3.5cm
     D 0.6cm
素材    鼈甲
年代   明治頃

※この商品は最短で2月2日(火)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥ 500
Related Items関連商品
  • 木台秋草小鳥蒔絵櫛
    ¥ 11,000
  • 鼈甲瓢帯留
    ¥ 9,350
  • 木彫猿根付
    ¥ 33,000