重要なお知らせエリアを非表示

陶製紅葉帯留

¥ 5,500

SOLD OUT

日本の装身具、帯留(おびどめ)です。

裂片が7枚のもみじです。「いろはもみじ」でしょうか。よく紅葉は赤ちゃんの手のようだといわれますが、この紅葉は葉先のスッと尖った随分と大人っぽい形状の紅葉です。紅一色でもなく葉先に少し緑の残るところも趣があります。麻の無地帯に深紅の三分紐なぞを合わせれば粋な着こなしとなることでしょう。

ちなみに古語では「もみじ」は「もみぢ」です。もともとは紅葉するという意味の動詞「もみづ(紅葉づ)」から来たことばです。昭和21年に内閣訓令によって「現代仮名遣い」に改められ現在の表記になったわけですが、それ以前の日本人は「ぢ」と「づ」の発音は同じではなく使い分けていました。昔の日本語は古典落語などに片鱗が伺えますが、心に留めて聞いてみると趣深いものです。


サイズ  W 5.7cm 
     H 5.0cm
     D 0.7cm
     (三分紐が通ります)
素材    陶器
年代    昭和中期

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥ 500
Related Items関連商品
  • 陶製南蛮船帯留
    ¥ 5,500
  • 桃珊瑚蔦帯留
    ¥ 13,200
  • 白蝶貝菊花真珠帯留
    ¥ 11,000