重要なお知らせエリアを非表示

桃珊瑚蔦帯留

¥ 13,200

SOLD OUT

日本の装身具、帯留(おびどめ)です。

桃色の宝石珊瑚の帯留めです。珊瑚は一般的な宝石(無機物の鉱石)とは違い、有機質の宝石です。ダイヤモンドなどの鉱石は日本では採掘できませんが、真珠と珊瑚は日本が主な産地なのです。そのため古くから装飾品の材料として用いられてきました。近年は中国での人気が高まり、真珠も珊瑚も価格が高騰しています。日本では若い方からの需要がいまひとつですが、真珠や珊瑚はきめ細やかな黄色人種の肌をとても美しく見せてくれます。ぜひその価値を見直して欲しい宝石のひとつです。

この帯留めは、枝ぶりに蔦(つた)の茂る文様ですが、蔦文様も古来より日本で好まれる意匠です。手のひらのような葉を青々と茂らせ、生命力の強い蔦は子孫繁栄の意味を込めて着物や帯のモチーフとしても多用されます。いわゆる唐草文様もその一種で、格式の高い有職文様にもなっています。



サイズ  W 4.3cm 
     H 1.6cm
     D 1.3cm
     (三分紐が通ります)
素材    珊瑚
年代    昭和初期

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥ 500
Related Items関連商品
  • ふぐちゃん
    ¥ 1,980
  • 陶製紅葉帯留
    ¥ 5,500
  • 陶製南蛮船帯留
    ¥ 5,500