重要なお知らせエリアを非表示

鼈甲瓢帯留

¥ 4,400

SOLD OUT

日本の装身具、帯留(おびどめ)です。

瓢箪(ひょうたん)の歴史は古く、世界最古の栽培植物のひとつでもあります。原産地はアフリカですが、日本では縄文時代草創期の遺跡からも種が出土しているくらい日本にも所縁のある植物です。和語では「ひさご」、「ふくべ」と呼ばれますが、瓢箪とは瓢(ひさご)の箪(たん)、つまり「ひさごの入れ物」という意味です。長崎の鼈甲専門店の製品です。虫食いが複数箇所ありますので、2枚目、4枚目の写真の矢印部分でご確認ください。

帯留は、文字の通りに帯を止めるものです。意外かもしれませんが、女性の装身具として浸透したのは明治期以降です。はじめは指輪と同じ江戸末期の文化文政年間ですが、着物の帯が解けないよう固定金具として発生した帯留は、はじめ男性と老女が身に付けるものでした。明治9年の廃刀令をきっかけにそれまで刀装具を作っていた職人が帯留め製作に打ち込むようになったといわれています。実用品から装飾品へと需要が変わっていったものです。直接肌に身に付けるものではないため、様々な素材や意匠が用いられ、現在でも蒐集欲を満たしてくれる装身具です。

サイズ  W 3.9cm 
     H 2.5cm
     D 0.6cm
     (三分紐が通ります)
素材    鼈甲
年代    昭和中期

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥ 500
Related Items関連商品
  • 鼈甲茄子帯留
    ¥ 6,600
  • 鼈甲筏帯留
    ¥ 8,800
  • 鼈甲六瓢帯留
    ¥ 6,600